プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2011年02月10日

中小企業IT経営力大賞

昨年ある方からおススメされましてIT経営力大賞に応募していたのですが、有限会社クリームでIT経営実践認定企業に認定されました。なんか盾とかもらえるみたいです。ワーイw

それから先日ZOHOさんと共催させて頂いたメイシーのセミナーなんですが大変盛況でして、懇親会も盛りあがりましてメイシーにも、早速お申込みを数社頂きまして大変良いセミナーとなり、ZOHOさま、セミナーにご参加頂いた皆様にありがたやありがたやでございます。

特にZOHOさんのスタッフ皆さんの人間的魅力は半端なく、超絶面白い&いい人ばかりでハマってしまいそうです。またぜひ2回目もやりたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。参加者の方からZOHOさんと夫婦漫才のように全国行脚すれば?と言われまして、かみさんと娘が許してくれるなら検討してみようかと思いますw(エントリが2度続けて家族オチで芸なくてすいませんw)  

2011年02月05日

信頼だな。

ここ2年ほど、自分は何を基準に判断をしているのか?何をして何をやらない。を何をもって決めているのか?を改めてぼやーっと考えていたんですが、要は結局軸としては、「信頼を得ること」なんだろうなと。今ぽっと思いました。

信頼を得るために仕事をうまくいかそうと思い、信頼を得るためにスキルアップの努力をし、信頼を得るために他の人に説明をし、信頼を得るために誤解を生むようなことを避け、信頼を得るために生活態度に気をつける。全て自分に関係する人からの信頼を得るためにやってるんだなぁと。

だから個人的に凄いうれしいのが「こばPに任せておけば安心」「こばPとならやれる」などの最上級の信頼を得られてるのが実感できる言葉なんだなぁと思いました。

この信頼を個人的には直接のステークホルダーだけではなく、僕と関わった人全てから得るためには何をしていけばいいのか?そしてその信頼を会社としても得られるようにするにはどうしたらいいのか?という軸を据えるとこりゃなかなかブれずにいいなと。

しかし思ったんですが、そんなことおいらにできるんかいなwまぁ鋭意努力するしかありまへんなw
まずはかみさんからの信頼を得るためにキャバ嬢からの営業メールに思わず答えてしまうことがあることを
直しますw  

2011年01月13日

ZOHOさんとセミナーを共催します!

年末あるイベントでインドの超有名なクラウドアプリケーション企業のZOHOさんとお知り合いになりまして、お互いのユーザーさんがデータの連携がやりやすいようにしましょう!とお伝えして早速、弊社の名刺データをZOHOさんのCRMにデータインポートするのを楽に出来るようにしまして、そのついでと言ってはなんですが、セミナーも一緒にやりましょうか!というお話になりまして、ZOHOさんとメイシーでセミナーを共催することになりました。

メイシー&Zoho CRM共同セミナー!
開催日:2011年2月8日(火)
開催場所:ZOHOさんの会社のセミナールーム
時間:【共同セミナー】 16:30~18:00(16:00から受付開始)
   【懇親会】 18:30~21:00 (前払い制、退室は自由です)
参加費:【共同セミナー】 無料
    【懇親会】 4,000円 (当日、前払い制です)
募集人数:各30名
詳細&お申込みページ http://www.zoho.jp/event1102084.html
です!

メイシーやZOHOなどクラウドサービスにご興味のある方はぜひご参加下さいませ!
お申込みお待ちしておりまーす。  

2011年01月07日

あけましておめでとうございます。

皆様あけましておめでとうございます。

年末のメイシーの入力依頼の多さで一部のユーザーさんの年賀状送付や年賀メール送付に支障がでるかもでしたが入力スタッフの頑張りでなんとかなりましてメイシーの年末需要増加対策はこれから考えておかねばなぁと少々課題はあったもののよい年を迎えることが出来ました。

本年もXCREAMのリニューアルやその他もろもろしっかり投資をしていきたいと思います。

正月休みは例年通りそれぞれの実家に帰って子供たちと遊ぶという感じでしてまたもや食べ過ぎ太りました(今年はジム再開するぞとw)

正月番組のNHKスペシャルでコマツ会長の坂根さんが「今年は悪くなる国を探す方が難しい」とおっしゃっていたように世界を見れば爆発的な人口増加や新興国の成長で経済的にはいいことだらけで日本も3~4%は成長するはずですので、弊社もおいていかれないようにしなきゃなと思いました。あと番組見ててやっぱ結局世の中人口動態で決まる要素が多いのでそこさえ見ておけばよいと思いましたねぇ。さて日本にいながらどうすっかが今年の会議の最重要テーマですな。いやぁ今年もワクワクします。

皆様本年もよろしくお願いたします!  

2010年12月27日

本年もありがとうございました。

本日弊社年内最終の営業日でして、大掃除は18日に終え事務所スペースが広くなり快適です(笑)今年は株式会社もぐらでやっております名刺管理のメイシーのサービスが製品としてのクオリティがかなり上がりまして、来年はプロモーションにも力を入れていかねばなと思っております。

クリームでは物販の事業もダウンロードの事業も順調に推移しておりましてしっかり成長しておりますが気を緩めずこの成長を持続させるべくさらなる投資を行っております。
大きなトラブルはありませんでしたが、まぁ小さなトラブルは頻繁に起きるのがスタートアップの面白いところでして、まぁやはりこのヒリヒリした感じってのは何度やってもたまらんなぁと感じております。

少しずつですが人も増えていく傾向にありまして、そんな中、遠慮なく本音で話する。ことが文化と言いますか遠慮なく言うことがいいことだという文化が少しずつですが熟成されてきていることが大変うれしいことだなぁと思っております。たまにはそんな言い方されたらおいらへこむやんと思う&思われたことも多いんですがwそれでいいんです。本音を言わずに溜めこむ人はいけません。

まぁそんな感じで本年も充実した1年だったのですが、来年もさらにいろいろと頑張りたいと思います。私の座右の銘は「強欲」ですのでw

では皆様よいお年をお迎え下さいませ。本年はありがとうございました。来年も変わらぬご指導ご鞭撻飲みのお誘いお待ち申し上げておりますw

p.s.あ、今年のM-1はスリムクラブでしたね。笑い飯、最後やから王者にしとくかは大人判断として素晴らしいと思いましたwしかしスリムクラブの破壊力は凄かったー。来年の活躍に期待です。  

2010年11月15日

加速型インターネット。

先週は東京出張でして、クラウドジャパンに行ってきたり、経営者が沢山集まった刺激的な会(なんか弊社が主催したみたいなことになっちゃってたけどw)に出たりして最近充実度が増しているのですが、なんというか最近特にリアルタイムウェブ感がどんどん加速している感がします。

体感している事例としては
・飲んでいる時でもiPhoneやiPadなどを触っていて、そこにいない人とのやりとりでいる人と盛り上がることが多少なりとも多くなってきている。(そういう席で触っていても変じゃない端末の充実とモバイル回線の充実)
・短時間での商品の完売、イベントの満席。グルポン系サイトが成り立つ状況。(twitterからTweetiveでの参加表明のリアルタイムでの情報の広がりの早さ)

(関係ないけどTweetiveは将来のイベントポータルになる可能性大っすねー)

いわゆるテレビショッピングでリアルタイムでわーっと商品が売れていく様を見るように、それが誰にでもツールとしては出来てしまう状態になっておりまして、twitterユーザーの増加がさらにその状況を加速しているという感じっすね。

そもそもインターネットというメディアというのは「時間と距離」をどんどん短くしていく技術だと僕は思っていて当初は皆が繋がっている状況ではないしインフラも整っていない状況であったがために「今、見なくてもいい」というメールでもコンテンツでも溜めておかれることが重要で、リアルに現場にいなくても、その場で電話が繋がらなくても、相手に情報を伝えられる。というメディアであり、それがロングテールな需要をターゲットにしてもそこそこ成り立つ状況を作ったのが、テレビやラジオなどのリアルタイムメディアの領域にどんどん近づいいくようになり、いわゆる今までテレビやラジオが扱っていたヘッドの部分を担えるようになってきているよなぁと思いますね。

こういう状況になってくるとtwitterでのやりとりを知っているか知らないかで既に情報格差ができる状態になり、さらにそこでやりとりされたイベントなどにリアルに参加できなかったことによる格差も当然出てきてしまうわけです。

じゃあやっぱtwitterしっかりやって常にウォッチしておかなきゃ。という短絡的な話になりがちなんですが
このような情報が加速度的に膨大に増えていく時代というのはフィルターとなる人が非常に重要で、あの人に聞いたらだいたいわかる。もしくはあの人が重要と思うということは重要かもなと思える&思われる関係性というのがあれば、そこの情報格差は100%ではないにせよ埋めることが可能だと思ってまして、そういう関係を作れるというのは自分自身がそういうフィルターの役割やもしくはその他のことでの役割を充実させておかないといかんよね。と思っておりますし、実は超重要な一次情報は公開されないということはやはりありますので、そういう意味ではやはり最後は「良い人間関係とそれをとりまく良い人脈」ということなんだろうなぁと。

って結局、原始の時代からそう変わってへんやんw
あ、やはり人脈管理はメイシーですよw  

2010年10月25日

天才とは何かがわかった気がする。

今朝、HDレコーダーに録っていた情熱大陸を見たら、天才ジョッキー武豊氏だった。その番組の始めのナレーションは天才はいつまで天才でいられるのであろう?という問いから始まり、武豊氏が今年大けがをしたことから淡々とインタビューや凱旋門賞5度目のチャレンジまでという流れだったんだが、その中のインタビューの中で、石川遼くんどうですか?というような質問があり、「若いころの僕と一緒だね(笑)(ジョークだよと含ませて)この前、話したらまだまだゴルフのこと大好きでそれの為に全ての時間などを使いたいと言っていて、まだまだ成長するでしょうねぇ。」と言っていた。それを見てそうか、なるほど。と改めて思ったんですよね。どんな世界でも1番や一流になればいわゆる、周りからチヤホヤされることも多くなり、歓楽的な誘いも多く、もちろん使いきれないぐらいのお金も入ってくる状態になる場合が多いと思うのですが、天才にとってそれは副次的なことにすぎず、例えば石川遼くんが私設練習場を作ったというのはもっとゴルフがうまくなるためにお金を使った。ということだけなんですよね。ゴルフがうまくなるために全ての時間やお金がそこに投入され、しかもお金を使うことにより有名コーチや世界的に有名なスポーツドクターの指導なりを受けられるようになり時間の密度が増していく。このサイクルを回せている間は天才は天才のまま誰も到達できない高みに行くと思いますよ。ということを武豊は言っているんだなぁと。その武豊は昨日の自分よりジョッキーとしてうまくなることを毎日目指しているらしくライバルは自分と。これが永続的に出来る人が天才と呼ばれる人になるんだよなぁ。と改めて思いました。逆を言うとそれだけ好きなことなんでしょうね。僕も昨日より今日ビジネスがうまくなるように全ての投資が出来ているのかなぁと思いました。先日、悪友と行った夜の店ですか?市場調査ですwえ?市場調査の時間が長い?w  
Posted by こばP at 18:37Comments(2)最近、刺激を受けた話

2010年10月21日

勝者と敗者の隔たり

月初から株主総会やらなんやらで飲む機会が多く、今月は肝臓も財布もグロッキーでして
あまりにもブログ書いてないなと思いましたので、本日見たメルマガで紹介されていた
名言をば。

 勝者は間違ったときには「私が間違っていた」と言う。
 敗者は「私のせいではない」と言う。

 勝者は勝因は「運が良かった」と言う。例え運ではなかったとしても。
 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。でも、運が原因ではない。

 勝者は敗者よりも勤勉に働く。しかも時間は敗者より多い。
 敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。

 勝者は問題を真っ直ぐ通り抜ける。
 敗者は問題の周りをグルグル回る。

 勝者は償いによって謝意を示す。
 敗者は謝罪をするが同じ間違いを繰り返す。

 勝者は戦うべきところと妥協すべきところを心得ている。
 敗者は妥協すべきでないところで妥協し、戦う価値がない所で戦う。

 勝者は「自分はまだまだです」と言う。
 敗者は自分より劣るものを見下す。

 勝者は自分より勝るものに敬意を払い学び取ろうとする。
 敗者は自分より勝るものを不快に思い、アラ捜しをする。

 勝者は職務に誇りを持っている。
 敗者は「雇われているだけです」と言う。

 勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
 敗者は「何故変える必要があるんだ?今までうまくいっていたじゃないか」
 と言う。


常に勝者でいたいものでございまする。で、勝ったら皆さん散財しましょう。
最近読んだ、「論語と算盤」で、渋沢栄一翁も言っておられました。儲けたら散財せんかいと。
僕ですか?まだそんな余裕全くございませんw  

2010年09月29日

6期決算処理終了。

有限会社クリームの決算は8月末でして、決算処理も終わりまして、さぁ今期も頑張るぞという感じなのですが、6期も黒字となりまして、2期連続黒字となり、やっとバランスシートをだんだん綺麗にしていけるかなぁという感じでございます。ただまだまだ投資案件は旺盛にございますのでキャッシュを余らせる余裕などございませんw

ただこの不確実な時代になんとか事業を成長させていけてますのは、取引先のご理解、優秀なスタッフの頑張り、その他ステークホルダーの皆さんの温かいご支援と、おいらの頑張りwのおかげだと思っております。まだまだ超絶零細で吹けば飛ぶような弊社ではございますが、今後ともご支援ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。いつか世界を驚かせるような存在になってやるぞ。と。(毎期同じことゆーてる気がするw)  

2010年09月21日

情熱大陸

先週、情熱大陸の動物写真家 福田さんの会を見ていて、ナレーションでおお、素晴らしいナレーションだなぁと思ったことがあったのでご紹介。

好きなことで食べていければ。と誰もが思い、そして困難を前に諦める。
世の中には覚悟を決めたものだけの幸せがあるのだ。


そうなんだよなぁ。覚悟なんすよ。覚悟。
もちろん最初からあるわけじゃないと思うけど、どこかのタイミングで覚悟決めないと情熱大陸出れるような人にはなれんのですわなぁ。

僕すか?超最近ですよ。もういろいろ逃げられない年齢になってもきましたのでw  

2010年09月06日

水道哲学

松下幸之助さんの有名な語録として水道哲学がありまして、実際に現在の日本では実現されていると言ってもいい状況だとは思うのですが、先日風呂でぼーっと考えておりまして、

パナソニックさんはパナホームという住宅事業もやっておられまして、ホンマに水道の水のように、いつでもいい水が水道をひねれば自分の好きなだけ利用できて、利用した分だけお金払えばいいという形に家電もできるんちゃうかなぁと思いました。

パナホームをローンで購入した人は、最初からパナソニック製の最新製品がついてきて、その後も新しい製品がでればいつでも安価で長期レンタル(リース)できるというモデルになっていれば、最新家電が好きな人はパナホームを購入する動機になるでしょうし、パナソニックさんとしては新製品のモニタリングをしてもらえる優良なユーザーになる可能性があります。

もう家電選ぶのめんどくさいからいつでも最新の商品適当に入れておいて。という人にもよいサービスに
なると思いますが皆さんいかがでしょうか?w

まぁ僕は住宅購入に興味がないので、対象顧客にはならんのですがw  

2010年08月11日

《有限会社クリーム 採用募集》ハイソフトのカスタマーサポート

えっとですね。一応このブログ始めた当初から、将来採用アナウンスにも使えたらいいなーと思っていたのですが、全くしておりませんでしたので、やってみようかと思いまして。

有限会社クリームでハイソフトというインターネット通販の事業をやっているのですが、この事業もなんとなく成長中でありまして、カスタマーサポートと出荷作業などをやって頂ける方を募集しております。最初はアルバイトからスタートになりますが、自分でネットのお店やりたーい!というような方や新しい事業やりてー!という方は社員登用して自分の好きなネットショップや事業を始めて頂くことも可でございます。

ご興味ある方はhideあっとまーくhigh-soft.com(あっとまーくは変えて下さいね)のハイソフト事業担当の松本までメールでご連絡下さいませ。よろしくお願いしまーす。

  

2010年08月10日

ドラッカーの遺言

なんとなく、最近大変充実した日常を過ごしておりまして、ゆっくりと本を読む時間が取れていないのですが昨日パラパラっと「ドラッカーの遺言」を読んでおりまして、またいくつも気づきがありました。この本、メチャ簡潔に書かれていますので、1時間ぐらいでさらっと読めてしまうと思いますが、どんな人にも素晴らしい気づきがあると思います。特にこの本では日本に対する記述が多くこれからの日本に課せられている役割というものが明確に書いてあるとともにそれを日本は容易に達成するだろうと楽観的予言もされています。確かに変化をすんなり受け入れ取り入れる事に素晴らしく長けているのは実は日本人ですもんね。最近ニュース見るとしょうもない問題ばかり取り沙汰されていますが、僕ら起業家は次の時代の変革を担えるべく日々頑張りましょう!しかし、んとに毎日暑いすねw  

2010年07月12日

日本外史2

先日、日本外史のエントリーをあげてから戦友である某社社長とメシを食いに行って非常に楽しかったんですが、そこである会社の話になってそりゃあのスピードじゃあそうなるわなぁという例を改めて身近に感じて同じ小冊子に書いてあった日本外史の徳川家康論を思い出しました。

二氏の天下における、唯だ速やかに之を得たり。ゆえに、速やかに之を失なえり。公、いまだかつて、天下を取るに急ならず。天下の釁、毎に以て公を開くに足る。嗚呼、是れ其の長く天下有りて、以て今日の盛業に基づかしむるゆえんなるか。{徳川家康論}

(織田・豊臣両氏は天下を迅速に手に入れた。だから迅速にこれを失った。徳川家康は一度として天下取りを急がなかった。そして天下を揺るがす事件が起きると、これに乗じて着実に上がっていった。これこそが、徳川の治世が天下を保ち、今日の繁栄を築いた理由だろう)


二宮尊徳しぇんしぇいも同じようなことゆーてはりますが、まぁせやけど自分が若くてぴちぴちしてる時に一瞬でもええから天下取らな損じゃと思う気持ちもわからなくはないですw  

2010年07月07日

日本外史

本日HBRが届いておりまして、毎回歴史に学ぶという小冊子がついてくるのですが、あんま見てなかったんですが、これがなかなかでして本日なるほどなと思ったのは

英雄の事を成す、みな以て其の知略の致す所となり。…天下の事、知慮の及ばざる所に出づる有るを知らず。況んや、夫の危疑の際に当たりて、機会の来る、間髪を入れず。いやしくも区々の計算を以て、之が万全を要するは、吾れ其の終身、事に及ばざるを見るのみ。ゆえに彼の治世の論は、以て乱世の英雄を揣るべからざるなり。{毛利元就論}

(英雄が事を成就させると、多くの人がその智略によるものだと思い込む。…天下の大事業とは、智略など及ばないところにあることを知らない。特に運命の岐路ではピンチとチャンスは紙一重である。計算や用心ばかりをしていては、死ぬまで成功することなどないだろう。だから平時の議論では、乱世の英雄の心を推し量ることなどできないのだ)


僕、用心しすぎなんだと反省しましたw  
Posted by こばP at 15:24Comments(2)最近、刺激を受けた話

2010年07月02日

サンデル教授のjustice

昨晩はサッカーもなかったということで、撮り溜まっていた、NHKで再放送していて、5回目ぐらいに気がつき撮り始めた「ハーバード白熱教室 Justice with Michael Sandel」の8回~10回ぐらいまでを一気に見たんですが、これ超面白いんすよね。弊社でもよく何が公平なのか?という議論はかなりするので非常に興味深く見ているんですがアリストテレスの目的論的論法の説明でサンデル教授が言った言葉が超刺さりました。

ちなみにアリストテレスの目的論的論法では目的があってそれを一番達成できる人にモノや機会が与えられるのが正義である。というのがベースになっていまして

その中の説明で
「料理人やお笑いの人はそれを知識で学んだだけでは成果が出せない。

成果を出すには
それぞれ与えられた状況がどのようなものか把握しなければならない。

これが知識を得ただけではできないことで、実践や行動によって経験を
積まない限り状況の正確な把握とその状況下での最高の選択ができない。

状況の把握が出来てのみ知識が役に立つ。」


状況の把握ですよ。凄くないすか。これがどの時代でも一番難しく誰にも正解はわからない事でして
これがうまい人が成果を出すということでして、むちゃ腹に落ちました。

この番組、次の再放送予定は決まってないようですがyoutubeとかで見れるものもあるようで
興味のある人は探してみてくださいまし。さて今日はオランダ対ブラジルですねー。ってなんも落ちが
思いつかないので、このへんでw  

2010年06月18日

大阪にいるメリット

現在、絶賛東京出張中なのですが、弊社CTOと16日の夜に4名ほどの飲み会設定を最初してから出張直前で8名まで増えまして、そして当日「なに?こばP今日東京いるらしいじゃん。俺も今から行っていい?」とさらに2名の方からお電話頂きまして、そしてさらにもう1名の方が増えまして、最後は11名で大盛り上がりでございまして、なんというか大阪にいるので簡単に会えない的なレアキャラ(毎月東京来てるけどw)感があると何かといろいろ皆様にスケジュール調整もして頂けますし、いっぺんにいろんな方にお会いできますので、非常にありがたいです。あと普段大阪にいますと簡単に誘われないため、作業や仕事に没頭できます(これおおきい)本日はCTO48に参加しますので、参加する方おられたらぜひお声掛けくださいませ。あ、でも最近ホントに顔覚えが悪くなったので、「えーと、はじめましてでしたっけ?」とかお会いしたことある人に聞いちゃうこと多発してボケ初動な感じですが、その際は「メイシーで○○を検索しろ」と返して下されば3秒で貴名刺にアクセスして何フェチだったかまで思い出しますので宜しくお願いいたしますw

あ、そだ。飲み会にあきない総合研究所の吉田さんも来ておられたのですが、新しい本(知っている人だけうまくいく 社長のための お金のはなし)を出しておられまして、「こばP注文してへんやろ?」と言われて「ええ、いつ送られてくんのかなと思ってw」と答えたら「俺は献本はせーへんねん」と言われたので先ほど注文しましたw皆さんも注文しましょうw  

2010年06月08日

一生懸命生きたなと思いたい。

なんとなく。ちょっと啓発的なエントリーをw

最近若者が経営者になるのなんて損。横から口出せるぐらいの立場が一番いい。という声が多かったり、そもそも何でも前に出ることすらめんどくさい。というようなことをよく聞く。これだから最近の若者は。と言いたいわけではなくて、僕も23歳ぐらいまで普通にそー思ってたし、めんどくさいこと嫌いだし好きなことだけやっていたいなぁと思っていました。

で、社会人になって仕事でも好きなことだけやっていたいという状況を作ろうとしたら結局手段として自分でやるしかないということに気付いただけなんですよね。で、常にもっといい成果を出したいというのは単に死ぬ時に「俺、一生懸命生きたよなぁ。人生満喫した」と思いたいだけなんですよね。

スポーツでも何でも出来るようになったことを初心者に教えているだけは超面白くないじゃないですか?いつも同じもしくはちょっと上の上手い人と一緒にチャレンジしている方が楽しい。単にこれだけのためにみんな頑張っちゃってるんだと思うんですよね。

何を職業としてやるのか、時間をどこに使うのか、何にお金を払うのか、全て自分で選択できる時代が来てしまった今、自分の人生を全て自分で決められるという超贅沢な自由な状態になっていますので、若者の皆さんは自由を謳歌して選択を楽しんで下さい。35歳超えると選択枝の幅が少しずつ狭くなっていくのを実感しちゃいますよー。

なんかやっぱ38歳とかになってくるとだんだんこういう説教じみたエントリー書きたくなるんだよなぁ。しかも下書き書いてやっぱやーめよーとかならずにこうやって公開しちゃうようになるんだよねー。あージジくせぇwまだおいら60年は生きるつもりなのに。弊社健康第一と長生きが目標ですw  

2010年06月05日

強みを生かせ

昨日久々に悪友とテキーラなんぞを飲んでしまいまして、本日営業日なんですがちょいとぼーっとしております。で、改めて本棚に置いてあるドラッカーの名著「経営者の条件」をぱらぱらとめくって読んでいたのですが、強みによる人事という章が本当に素晴らしいのでちょい一文だけご紹介

他人に成果をあげさせるためには、決して「彼は私とうまくやっていけるか」を考えてはならない。「彼はどのような貢献ができるか」を問わなければならない。また、「何ができないか」を考えてはならない。常に「何を非常によくできるか」を考えなければならない。特に人事では、一つの重要な分野における卓越さを求めなければならない。(経営者の条件:P.F.ドラッカー


しかし昨日のサッカーを悪友とお好み焼きつつきながら見ていたんですが強みを見つけて生かして成果をあげてるのは長友ぐらいっすよねー。本大会なんとか頑張ってほしいなー。  

2010年05月21日

稼ぎ方も大事だけど、使い方はもっと大事。

近江商人的に言うと「始末」の仕方なんですが、お金を稼ぐ為の方法や職業選択などはみんな考えるんですが使い方はそんなに考えないんですよね。使い方の方が大事なのに。何に使うか、始末の仕方がその人物の力量を決めるとおいらは思っております。ということを糸井重里氏が語っておられる記事があったのでご紹介。その中の一言

「だいたいの話、お金に関して歴史に残るのは、どれだけお金を稼いだか、ではなくて、どれだけおもしろくお金を使ったか、ってことだけなんですよ。」

さすが、糸井重里さんですwあ、いまは羽田空港なうで飛行機待ってますw