プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2010年05月10日

原理原則に立ち返る。

最近、もしドラなどでドラッカー熱が再度盛り上がってるようで、今月のHBR日本版もドラッカーしぇんしぇいのHBR全論文が掲載されているんだけど、改めて先日から、その日本語翻訳をずっと手がけてこられた上田 惇生しぇんしぇいがドラッカー没後にドラッカー百科としてまとめられた「ドラッカー 時代を超える言葉―洞察力を鍛える160の英知」を読んでいるんですが、もう本はまずドラッカーだけを何度も何度も読めばいいんだなと改めて思うほど、その内容は示唆に富んでいて読むたびに発見があります。

こういう本は自分の経験値が上がると理解ができる範囲が少しずつ広がって、そのたびごとに新たな発見があり、それを行動に移し、また経験値があがることによってさらに理解が深まりまた今まで読んではいても理解できていなかったことが理解できるようになる。という著作でして、それに気付くたびにドラッカーとは本当にすごい人だなと感じます。知ってはいても理解できていることがいかに少なく、そしてそれが理解できる経験ができるということがさらに難しいことなんだろうなと思います。

特にドラッカーは事象をシンプルな言葉で表しますので、シンプルさを目指す限り言葉として抽象的な言葉を選択せざるを得ないわけで、その抽象的な言葉の本質が「わかる」かどうかで自分の成果をあげる能力があがっているのか否かがわかる僕にとってのリトマス試験紙みたいなもんでして、まだまだ本当に「わかって」いるのが何で何がわかっていないかもわからないのですが、これからも経験を積み読み続けると少しずつわかってくるのかなと思います。

本当の良書は理解するまでんとに時間がかかるんだなぁと。しかしドラッカーしぇんしぇいも成果をあげない知識は知識ではないと言っておられますので、成果をあげるべく今日も脳みそに汗をかきたいと思います。しかし、サッカー日本代表はサプライズありまへんでしたねw

同じカテゴリー(私流ビジネス成功の秘訣)の記事
バランス。
バランス。(2011-08-01 15:44)

日次決算
日次決算(2011-07-20 18:04)

信頼だな。
信頼だな。(2011-02-05 12:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。