プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2010年04月22日

効率よりも効果こそ重要

先週週末にあるイベントに参加して久しぶりに尊敬する先輩経営者の皆さんにお会いして、イベント後も6名の創業経営者の人と飲んで、いろいろ相談し質問を投げかけてみたんですけど、「こばPは考えすぎ」「もっと自分の好きなことだけやったらええねん」と言われたのですが、まぁそうできないのが性分みたいなもんなんでしゃーないですし、先輩たちの年齢になったらぼかぁ皆さんを超えてますから安心して下さいとお伝えしたんですがwどうも自分自身も周りも腹に落ちた状態にしないと動けないんですよね。まぁなのでいろいろ時間かかるんすけどこれからもアドバイスお願いいたしますw

で、昨日東京出張から帰ってきまして、出張中にHBRに載っていた1971年(!)の「優秀なマネージャーに成長する条件」というマッキンゼー賞受賞論文が非常に面白かったんですが、その中にドラッカーの「創造する経営者」の中の一文が紹介されていたのですが素晴らしいのでご紹介。


「問題を解決しても、正常に戻ることくらいしか期待できない。企業が成果を上げるうえで、その足を引っ張っている障害がせいぜいなくなればよい程度である。成果とは、チャンスを生かすことで生み出される。(中略)チャンスを最大限生かすことこそ、まさしく起業家の仕事を定義するものである。これは、ビジネスでは効率よりも効果こそ重要であることを意味している。つまり、どのように正しく行うかではなく、どのようにやるべきことを見つけ、どのように資源と努力を集中させるかという問いかけこそ重要なのである」


この文だけで起業家とは何かが定義されてしまっております。さすがドラッカー。
何で次から次にそれまでとはあまり関係のない事業やってるんですか。といわれたら上記を引用して答えたら確実に俺モテると思った次第ですw

同じカテゴリー(最近、刺激を受けた話)の記事
経営とは。
経営とは。(2011-02-23 15:20)

日本外史
日本外史(2010-07-07 15:24)

タカタ株式会社。
タカタ株式会社。(2010-04-16 11:13)

この記事へのコメント
誰が言ったか何だか想像がつく(笑)
考え過ぎて動けなくなったら意味がないけど、動いてるからええんちゃうか。考えるのに過ぎるはないやろ。
Posted by threepine at 2010年04月22日 19:08
>threepine氏

まぁ僕も基本的には考え民主的に議論するしか長期的な持続成長を目指すならやるしかしゃーないと思ってますけどねー。短期でガツっといくためなら独善的に進めるってのも必要なんじゃろなとは思いますよー
Posted by こばP at 2010年04月23日 10:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。