プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2009年12月01日

ソフトウェアビジネスカンファレンス2009

現在、株式会社もぐらは僕が大阪に在住で弊社のCTOの新井とエンジニアの八城が福岡にいるという形で仕事をしていまして、少人数のチームで遠隔で事業運営をしている会社はまれだと思うのですが、顔突き合わせていないとやりにくいなぁということもありますが、いろんな場所に人がいるのは便利だなぁと思うこともあります。

メリット
1、コミニケーションが空気感で伝えられないため、メールやチャットでのコミニケーション能力があがる。
2、メールやチャットでコミニケーションをとるため、記録が残る。
3、福岡と大阪で同日に仕事ができる。(例:大阪の業者さんと打ち合わせと福岡のユーザーインタビューが同日にできる)
4、コミニケーションがとりにくいため、なるべく全ての情報を公開しようとみんながする。(創業から”見える化”される)

デメリット
1、密なコミニケーションがとりにくい
2、相手の状況が見えないため仕事の振り方が難しい。
3、コミニケーションからの突発的な創造が生まれにくい

メリットとデメリットを並べるとこういうような事かなぁと思います。
チームに信頼感があって、仕事の目的とゴールがある程度明確にできていれば、スタッフ各人が好きな
環境で仕事をするということの方が効率がいいのかなぁと現在は感じてます。

とタイトルとは全く違ったエントリを書いてしまいましたが、弊社もぐらのCTOの新井と
フライトシステムコンサルティングの杉山さんが主催する、ソフトウェアビジネスカンファレンス2009
が12月5日に福岡で開催されます。

もちろん僕も参加しますが、登壇されるメンバーが素晴らしいので、ぜひご興味のある方は
ご参加
頂ければと思います。(このメンバーで無料ですよ無料!)

福岡は非常にいい街でもありますので、ご旅行も兼ねてぜひw
ちなみに僕は4日に福岡入りして、5日の夜に帰る予定です。

同じカテゴリー(その他、なんでもかんでも)の記事
7期終了。
7期終了。(2011-08-31 15:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。