プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2009年05月21日

ケーズデンキの加藤さんが超いい。

私、どちらかというとモーレツ(古い言葉やなぁw)タイプではなくて、「こばPはバランスがええ。」とか、「気楽な感じやなぁ」と言われることに誇りを感じていますが、体的にモーレツに頑張って働くということはしなくて脳みそ的にはモーレツに働きましょうと思っています。(脳みそは働かせれば働かせるほどよくなりますからねw得ですw)

あといろんな意味で余裕がないと危機が起きたときに対処できずにそこで終わってしまうということもあるんですよね。いろんなとこにレバレッジを効かせすぎちゃうとマイナスに効いた時に取り返しがつかなくなるので。ただどこかのタイミングでそういう過大なリスクテイクをしないとあるとこまではいけないとも思いますが。信長の桶狭間みたいなねw

で、そんな考えがベースにあるんですが、ケーズデンキの加藤社長のインタビュー(前編)(後編)がまさしく僕が思う合理的な考えの下に原理原則が何かを考えて実直に行動を起こす。ということを本当にやられているなぁと。周りからみると全くおもんないけどw

事業の立ち上げというのはそもそも正解があんまりないんでわけわからんこと試さなあかんみたいなとこもあるんですけど、立ち上がった事業の継続成長という部分ではこういう形にもっていけたらいいんだけどなぁと思ってるんですよねー。ケーズデンキさんいいなぁ。年始に洗濯機をヤマダ電気、ジョーシン、ケーズデンキで比べて結局ケーズデンキさんで買ったのはまさしく社長がインタビューで言っているような理由を僕なりに合理的に判断したからなのでした。顧客のことをよー知ってはりますw

同じカテゴリー(最近、刺激を受けた話)の記事
経営とは。
経営とは。(2011-02-23 15:20)

日本外史
日本外史(2010-07-07 15:24)

タカタ株式会社。
タカタ株式会社。(2010-04-16 11:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。