プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2007年03月07日

Language Access

昨晩WBSをぼーっと見ていて(最近テレビの話題多いな俺w)ワールドアベニューというコーナーで紹介されていたLanguage Accessという会社のビジネスに感動した。
このLanguage Accessという会社、何をやっている会社かというと、通訳ができる人を集めて、ビデオチャットのような感じでオンラインで通訳サービスを1分間いくらというビジネスモデルで提供しているだけなんだが、久しぶりに凄いなぁを連発してしまった。

翻訳というサービスは俺の中で機械化がどんどん進んでいき、近い将来、機会の力で言語の壁はなくなるんだろうなぁ。と考えていた。

そこでLanguage Accessのような、いたってアナログなんだがネットのいいところを使ったサービスを見て久しぶりに衝撃だった。

この会社3年目の会社だそうだが、現在は間違いが起こったら非常にまずい病院や薬局にサービスを提供しているそうだ。

将来は確実に違う言語の人に会ったら、携帯やPDAでその言語のオンラインになっている通訳の人リストから選択してビデオチャットで間に入ってもらうという世の中になりそうですね。早く日本でもそういうサービスできないかなぁ。

あ、翻訳サービスの会社やってるタナカツがやってくんないかなぁ(笑)

同じカテゴリー(今、企てている次のチャレンジ)の記事
この記事へのコメント

>threepine氏

そうですよねー。非常に面白いと思いましたよー。
-----

COMMENT:
AUTHOR: threepine
EMAIL:
IP: 219.106.134.35
URL:
DATE: 03/07/2007 10:54:33 AM
わしも見た。携帯使って声だけいうのもあるやんな。まだまだ伸びそうなサービスやね。こんなんのマッチングっぽいのやってもええかもよ。
Posted by こばP at 2007年03月12日 11:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。