プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2006年10月27日

1ブランド1キーワード

以前からよく「どうしてなんだろうね?」と僕がいろんな人に聞いていることで「なぜ、ブランドネームを統一しようとするのか?」という疑問があったんだが、このあたりのブログでグーグルでさえ、現状の新しいサービスの認知不足に苦労しているという現状を知り、なんとなく考察してみる。短文でw
これは現状僕の主観に基づいていて、何の検証もしていないんだが、特に際立ったブランドというものはそのブランドネームが何を表すものか強烈に個々人のマインドシェア握ったからこそ強烈なブランド力を維持しているいるんだと思う。

それを前提に考えるとグーグルというブランドは言わずもがな「サーチ(検索)」というキーワードとイコールである。そこに表計算もグーグルですよ。ワープロもグーグルですよ。と言われてもグーグルというブランドは「サーチ(検索)」なんである。

ブランドネームを統一しようとしている企業として日本でも楽天があるが、楽天は「ネット上のショッピングモール」である。いくら証券ですよ。とか旅行もですよ。とかいまさら言われても違う。(個人的主観だけどw)

ということを考えるとやはり違うサービスをスタートする、もしくは買収するなどの際にブランドネームは統一しない方がいいんじゃないかなぁと思う。

GEのジャック・ウェルチが90年代に「市場シェアで1位あるいは2位の事業以外からは撤退する」と言った元となったPIMS利益モデル(市場シェアの大小が利益の大小を決定する)という理論が正しければやはり、市場シェア1位というのはその事業でのマインドシェアを一番握ることと同じと考えられ、その事業で1位を争っている最中もしくは争おうとしている時に違う分野で1位のブランドネームを使ってしまうというのは長期的に見て最初から3位以下でいいや。と言っていることと同じような気がする。

わかんないけどw

同じカテゴリー(私流ビジネス成功の秘訣)の記事
バランス。
バランス。(2011-08-01 15:44)

日次決算
日次決算(2011-07-20 18:04)

信頼だな。
信頼だな。(2011-02-05 12:47)

この記事へのコメント

>大将氏

確かに現状のブランド価値がどの位置になるのか?ってのが重要&もともとの名前のブランドがどう思われているのか?が大事なんでしょうなぁ。なんかソフトバンクなんて、もう携帯キャリアだと思っている人が多そうだもんw
-----

COMMENT:
AUTHOR: 大将
EMAIL:
IP: 58.188.25.77
URL:
DATE: 10/28/2006 04:44:34 PM

楽天は証券は成功で旅窓は失敗しちゃったって考察してまっす。

構造はシンプルで、証券はもともとブランドが無いので「楽天」
とつけると成長できて、旅窓は楽天トラベルよりもブランド価値
が高かったので、価値の低い楽天をつけると失敗したという風に
考えてまっす。電脳DSも超悩んで、電脳をつけることにしまし
た。多分正解だったかなー?と。ブランド構築大変だからねー・・・
-----

COMMENT:
AUTHOR: こばP
EMAIL:
IP: 222.147.223.214
URL:
DATE: 10/27/2006 09:04:59 PM
>中古車輸出業の実務講座氏

へー。
-----

COMMENT:
AUTHOR: 中古車輸出業の実務講座
EMAIL:
IP: 58.1.158.136
URL: http://www.jpucar.com/
DATE: 10/27/2006 02:25:13 PM
うちの会社でも
http://www.ytrd.com/about/certificate.html
これでブランドとして統一しようとしてるんですよ
Posted by こばP at 2006年10月30日 10:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。