プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2006年03月30日

一旦まとめ。

新しいサービスを開始してから、1ヶ月半ほど東京へ行ったり、セミナー等に出たり、いろんな人と新たに出会ったりして、改めて認識したことなどのまとめ。
いわゆる、トレンドという言葉がある。一時の流行ではなく、世の中こういう流れになっていきますよー。というものだと俺は認識しているのだが、このトレンドに乗っかっているといわゆる時代に乗れる。

過去の鉄道産業しかり、自動車産業(モータリゼーション)しかり、現在のIT産業しかりである。

まず大事なのはそのトレンドをちゃんと認識し、その波に乗れるか?である。いわゆるそういう新しくブレイクスルーを生み出す産業が出てきた際、ほんとんどの人は乗らない。乗れないと言った方がいいかもしれないが、いわゆる大きな変化が必要になるため、おのずと変化のスピードが早くいわゆる山っ気の多いベンチャーが市場を席巻していく。

そこで1社、2社の素晴らしい成功例が出てくると、我も我もと沢山の企業が参入し、資本もそこに投下されていき、いわゆるバブルな状態になる。バブルな状態になると、必ず調整を迎える。

ただ、そこでその時点での実質価値もしくはそれ以下になることで、いわゆるお灸が据えられて、やっぱりちゃんと商売しないとね。という話になり、その産業の本来の成長が始まっていき、競争を繰り返したのち、数社に収斂されていく。

先日祇園でセミナーを受けた際の講師であった野口氏は、NHLの素晴らしい選手にインタビューアーが聞いた「あなたはなぜ他の選手と違うのですか?」の質問への答え「他の選手はパックに向かってスケーティングしているけど僕はいつもパックが行きそうな場所に向かってスケーティングしている」という言葉を聞いたとき、デジタルハリウッドの杉山氏が語っていた未来はこうなるであろうという予測は簡単にできるという話(例えば、あと30年も経てば人間の寿命は少なくても120歳までは生きられるようになっているであろう)は考えれば当たり前であるのだが、トレンドとして通常認識していない。わかっているのにも関わらずパックが行く先を見据えて人生をスケーティングできていないのである!

ともかく何が言いたいのかというと、弊社が始めた音楽や動画コンテンツのダウンロード販売の仕組みというのは間違いなくこれからのトレンドであり、その波に早く乗っておくことが大事だということを改めて認識して安堵したということである。あとは乗った波がでかくなればラッキーですなw

あ、で、コンテンツを販売するというトレンドに早く安く乗れる仕組みがうちの仕組みなので、コンテンツ販売に興味のある方、早く乗って下さい(笑)

同じカテゴリー(私流ビジネス成功の秘訣)の記事
バランス。
バランス。(2011-08-01 15:44)

日次決算
日次決算(2011-07-20 18:04)

信頼だな。
信頼だな。(2011-02-05 12:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。