プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2006年03月28日

起業してからの誘惑

事業を作って起業するという状況を現在3度目体験しているわけだが、やはりホントに安定的な心でいることというのは難しいなぁと思う。
もちろん現在は昔に比べたら全くもって楽な状況で、新しく始めた事業の立ち上がりが遅くても、そんなに困る状況ではない。

ただ、そんな状況であるにも関わらず、甘い言葉やささやきというものに惑わされそうになることは多々ある。

例えば、「○○で凄い儲かっちゃってさぁ」という話や「こういう儲け話があって本業をそんなに圧迫しなくていけそうじゃない?」とか「こういう事業をとりあえずやっておけば、その利益でやりたいことができるよ」とか、隣の芝生はいつも青く見えるのと同じで他人が儲けている方法を本業をおろそかにしてやってしまいたくなる欲求と戦うことが未だにある。

これはよーく考えると、儲けた人はその前にちゃんと種をまいていたわけで種をまいていない俺がそこに今から参入したとしても刈り取る作物はほぼない。たとえあったとしても労力のわりに大した利益にならないことが多い。至極当たり前の話なんだが、未だに惑わされそうになる。

事業を作って立ち上げ素晴らしいものにするためには、やっぱりその事業に惚れてる。もしくはハマってないと難しいんだよなぁ。他人から「お前のやってること無駄じゃね?」とか「大丈夫なのかねぇ」なんて言われても自分を信じてやり切れる(やりたいこと)じゃないと心が折れますよ。ホントに。

そう考えるとUSENの宇野さんは本当に凄い人ですなぁ。尊敬しますよ。マジで。

同じカテゴリー(私流ビジネス成功の秘訣)の記事
バランス。
バランス。(2011-08-01 15:44)

日次決算
日次決算(2011-07-20 18:04)

信頼だな。
信頼だな。(2011-02-05 12:47)

この記事へのコメント

えー、2度の起業しか知らなかったー。

もぉ1回あったんだ。すごいねー、こばP。
また桜の席ででも聞かせて♪
-----

COMMENT:
AUTHOR: こばP
EMAIL:
IP: 221.191.212.217
URL:
DATE: 03/29/2006 07:57:26 PM
>みとなっとう氏

だっははw確かに。
-----

COMMENT:
AUTHOR: みとなっとう
EMAIL:
IP: 211.132.44.46
URL:
DATE: 03/29/2006 05:18:49 PM
3回目か、でもしらふでははじめてかも(笑)
-----

COMMENT:
AUTHOR: こばP
EMAIL:
IP: 221.191.212.217
URL:
DATE: 03/29/2006 02:09:20 PM
>みとなっとう氏

さすが、ええこといわはりますなぁ。まぁ3回ぐらい聞いてますけどw
まぁゆっくりいきましょー。あせりながらw
-----

COMMENT:
AUTHOR: みとなっとう
EMAIL:
IP: 211.132.44.46
URL:
DATE: 03/29/2006 09:14:28 AM
あちゃー、また漢字間違えた。ジャマイカとのクオーターなんで許して(笑)
三浦の漢字は三圃ね。
-----

COMMENT:
AUTHOR: みとなっとう
EMAIL:
IP: 211.132.44.46
URL:
DATE: 03/29/2006 09:11:48 AM
この小話したっけな。

農業に三浦式農業ちゅうのがある。かつてヨーロッパで主流だったサステイナブルな方式。
国によって違いはあるけど、代表的な物はまず土地を三つにわける。ひとつは麦などの穀物を植える、ひとつは大根などの根菜を植え、ひとつはクローバーを植えて牛に食わせる。

クローバーはマメ科なので空中の窒素(3大栄養素のひとつ)を土に送り込む(専門的には根瘤菌による空中窒素固定)。さらに牛がクローバーをたべてくそをするので肥料にもなるし、有機物が増えるのでそもそも化学的に栄養が土にとどめる能力(地力)があがる。

根菜は深く入るので土がやわらかくなる。

ほんでやっと麦が植えられる。

これを繰り返す

日本でも鎮守の森というのがあるけど畑のまわりの森をサステイナブルな生活のために守っていた。木を切ると罰があたるというように。


となりで食べてるライ麦パンがおいしそうに見えたからって、大根を芽のうちに引っこ抜いてもいそいで麦植えてもあかんわな。

3000年もやってきたことやのに今頃サステイナブル経営って経営学は学問的にはまだまだ未開やなー。

宮崎駿監督の映画のもののけ姫は根底のメッセージは似たところにあるんちゃうかな。

まあ世の中はゆっくりしか変わらん。特に人間は・・・
でなきゃ、500年前にインターネットがあっても良かったと思う。
ゆっくりあせりましょ(笑)
Posted by miyako at 2006年03月30日 13:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。