プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2005年11月04日

Googleが買いたいもの

自分のRSSリーダーにかなりいろんな方のブログを登録はしているんだけれども、なかなか見るのを忘れていて、昨日結構まとめて読むと面白いブログのエントリーがいっぱりありますなぁ。以前CNETで書かれていた梅田さんのブログに面白いエントリーがあったので、ちと突っ込みをば(メチャ後出しじゃんけんだけどw)
梅田さんはブログの中で、まず大前提として4000億の資金調達を買収のための資金調達だとしてという形で書いておられるので、こういう意見はホントに後だしなんだろうけど、そもそもGoogleがそれだけの金額を一気に使って欲しいと思う大企業はないだろうな。と思う。

実際、買収なんつーのは文化の違う二つの国がひとつの国になろうとすることに近く、よほど似た文化や組織のアイデンティティがないとそこをすり合わせていくだけで膨大な時間がかかる。その時間がかかってもそれぞれが持っているものを合わせれば素晴らしいシナジーが描けるという場合にしか成り立たないと思っている。当たり前なんだろうけど。

そう考えると、梅田さんが書かれた、小さなハッカーが集まっているような会社というのは非常にわかるが、Googleの目的は

「世界中の優秀な人材がGoogleという組織の為に働くこと」

を目的としていると思う。

もちろん、Googleは既に働きたい企業でTOPクラスの企業ではあるが、本当に優秀な人は既にある程度満足いく報酬と環境を会社から受けていて、ちょっとやそっとのことでは他の会社に移ろうとはしないのが普通だと思う。

それを考えれば、4000億円という資金調達はいわゆる「ヘッドハンティング(もちろん技術者を中心に)」を物凄いスピードで進めるための資金なのではないかな?と思う。既にその傾向は出ているようなので、ホントにあと出しじゃんけんな感じなんだけど、まぁいいじゃん。そう思ったんだからさw

同じカテゴリー(最近、これにはまってます)の記事
ドラッカーの遺言
ドラッカーの遺言(2010-08-10 11:35)

日本外史2
日本外史2(2010-07-12 16:45)

サンデル教授のjustice
サンデル教授のjustice(2010-07-02 11:01)

強みを生かせ
強みを生かせ(2010-06-05 15:21)

昨晩も。
昨晩も。(2010-03-26 09:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。