プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2010年10月25日

天才とは何かがわかった気がする。

今朝、HDレコーダーに録っていた情熱大陸を見たら、天才ジョッキー武豊氏だった。その番組の始めのナレーションは天才はいつまで天才でいられるのであろう?という問いから始まり、武豊氏が今年大けがをしたことから淡々とインタビューや凱旋門賞5度目のチャレンジまでという流れだったんだが、その中のインタビューの中で、石川遼くんどうですか?というような質問があり、「若いころの僕と一緒だね(笑)(ジョークだよと含ませて)この前、話したらまだまだゴルフのこと大好きでそれの為に全ての時間などを使いたいと言っていて、まだまだ成長するでしょうねぇ。」と言っていた。それを見てそうか、なるほど。と改めて思ったんですよね。どんな世界でも1番や一流になればいわゆる、周りからチヤホヤされることも多くなり、歓楽的な誘いも多く、もちろん使いきれないぐらいのお金も入ってくる状態になる場合が多いと思うのですが、天才にとってそれは副次的なことにすぎず、例えば石川遼くんが私設練習場を作ったというのはもっとゴルフがうまくなるためにお金を使った。ということだけなんですよね。ゴルフがうまくなるために全ての時間やお金がそこに投入され、しかもお金を使うことにより有名コーチや世界的に有名なスポーツドクターの指導なりを受けられるようになり時間の密度が増していく。このサイクルを回せている間は天才は天才のまま誰も到達できない高みに行くと思いますよ。ということを武豊は言っているんだなぁと。その武豊は昨日の自分よりジョッキーとしてうまくなることを毎日目指しているらしくライバルは自分と。これが永続的に出来る人が天才と呼ばれる人になるんだよなぁ。と改めて思いました。逆を言うとそれだけ好きなことなんでしょうね。僕も昨日より今日ビジネスがうまくなるように全ての投資が出来ているのかなぁと思いました。先日、悪友と行った夜の店ですか?市場調査ですwえ?市場調査の時間が長い?w  
Posted by こばP at 18:37Comments(2)最近、刺激を受けた話

2010年10月21日

勝者と敗者の隔たり

月初から株主総会やらなんやらで飲む機会が多く、今月は肝臓も財布もグロッキーでして
あまりにもブログ書いてないなと思いましたので、本日見たメルマガで紹介されていた
名言をば。

 勝者は間違ったときには「私が間違っていた」と言う。
 敗者は「私のせいではない」と言う。

 勝者は勝因は「運が良かった」と言う。例え運ではなかったとしても。
 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。でも、運が原因ではない。

 勝者は敗者よりも勤勉に働く。しかも時間は敗者より多い。
 敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。

 勝者は問題を真っ直ぐ通り抜ける。
 敗者は問題の周りをグルグル回る。

 勝者は償いによって謝意を示す。
 敗者は謝罪をするが同じ間違いを繰り返す。

 勝者は戦うべきところと妥協すべきところを心得ている。
 敗者は妥協すべきでないところで妥協し、戦う価値がない所で戦う。

 勝者は「自分はまだまだです」と言う。
 敗者は自分より劣るものを見下す。

 勝者は自分より勝るものに敬意を払い学び取ろうとする。
 敗者は自分より勝るものを不快に思い、アラ捜しをする。

 勝者は職務に誇りを持っている。
 敗者は「雇われているだけです」と言う。

 勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
 敗者は「何故変える必要があるんだ?今までうまくいっていたじゃないか」
 と言う。


常に勝者でいたいものでございまする。で、勝ったら皆さん散財しましょう。
最近読んだ、「論語と算盤」で、渋沢栄一翁も言っておられました。儲けたら散財せんかいと。
僕ですか?まだそんな余裕全くございませんw