プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2010年02月18日

なんかメッチャ大人みたいやん。

先月、非常にいつも言っちゃいけないことまでいつの間にか言わされているぐらい話を引き出すのが素晴らしくうまい日経BPの島田記者さんにインタビューを受けまして、記事にして頂いております。島田さん、ありがとうございます。でもなんか僕メッチャ大人な感じじゃないすかwってかこんなインタビュー記事書かれててうちの会社潰れたら笑い話やなぁwまぁそんときには、こばPもやっぱええ格好したかったんやなぁと思って下さいませw  

2010年02月12日

なんとなく覚悟ができてきた。(やっとだけどw)

最近なんというかですね。やっと代表とか社長とか相手が認識してることに慣れてきたといいますか、何というか僕、基本的には参謀的な役割をガキの頃からずっとしてまして自分がリーダーになるという感覚もあまりなくもちろん自分でやり始めてから代表に間違いないのですが、そう呼ばれることに気恥ずかしさというか、俺が社長だってwみたいな気持が往々にしてありました。もちろんいまだにそういう感覚は抜けないんですがなんというか慣れてきたというか、その責務を全うする覚悟というかあきらめwというか単純にこれでやっていくしかねぇなぁと腹くくった感じというかそういうものが感覚としてできてきたのかなぁと思います。まぁ一応25歳から独立しておりますので12年もかかったわけですがw

ということで最近できていなかった本のご紹介ですw

ザッポスの奇跡 The Zappos Miracles

昨年アマゾンに買収されたオンライン靴屋ですでに1000億円の売り上げ規模になっているザッポスを書いた現在のところ雄一の日本語の本だと思いますがザッポスが何をやっているのか非常に気になっておりましたので購入して目次を見たら何となく感動的な顧客満足なエモーショナルな部分が書いてあったので、単にディズニーランドの伝説的な顧客サービスとかその手の事例紹介本なのかなぁと思ってあまり期待しないで読んだんですが、かなり同じ話が何度も書かれていて非常に冗長ではあるんですがそれだけ言いたいことが実はシンプルなんだよねということで改めて気付きがありました。純粋に小売業として顧客から何を期待されていて何を提供できるのかが改めてわかった気がする今の僕にとっては良書でした。製造小売(SPA)ではなくそれで悩んでいる純粋な小売業な方にはおススメっす。

経営の教科書―社長が押さえておくべき30の基礎科目

だいたいこういうタイトルの本を恥ずかしくなく紹介したり購入したりできるようになったということが覚悟したみたいなことだと思うんですがwまぁなんか原理原則です。ドラッカーやもっと言えば老子や孔子やその他のグルが言うシンプルな原則をまとめて紹介みたいな本でしてどんな人も読むとそりゃそうだよね。という感想で終わるなんとも面白みのない本です。でもそれが本当に行動としてできるってのが凄いんだと思います。例えて言うと街でゴミが落ちていたら拾おうね。みたいなことが書いてあるみたいな本すね。当たり前だけどできないwというか出来ない理由はいくらでもあるので。俺の場所からは遠いとか、車に乗ってたから止めてまでは無理だろとか、俺が捨てたもんじゃないしとかw

ゴールは偶然の産物ではない~FCバルセロナ流世界最強マネジメント~」

FCバルセロナというメッシやアンリが所属する現在世界最高のサッカーのクラブチームの最高責任者のおっさんが書いた本なんですが、まぁまだほとんど読んでないんですけどタイトルに惹かれて読んでみようかと。商売うまくいったのは運がよかったからというのは、うまくいった経営者がよく言う言葉なんですがこの言葉って謙遜してるように聴こえるからいいということもあるかと思いますが、実は運を掴める環境と実力とそのタイミングを逃さなかった洞察力とそういうもの全てを俺はその時に持っていたんだということだと思ってまして、もちろんその時代に生まれていなければということもありますのでそれも踏まえて運なんですが、そりゃあ例えばインターネットが騒ぎ始められた94年ぐらいから2.3年のタイミングでちゃんとその事業に投資できてしかもお金も用意できて(借りられる信用力とか調達できる力ってことっす)、そして人脈や知識としてその業界への未来への確信と情熱もあるということを備えていた人が今のヤフーやアマゾンや楽天になっているわけでやっぱりタイミングですわなと。次のタイミングの時には前髪掴みたいなぁw(チャンスの神様は前髪しかないそうで)