プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2009年06月26日

堀さんの本の宣伝ちゃうよw

ロイターのニュース記事をつらつら読んでいたら、サイトの右の方にプレジデントのおすすめ記事として「『創造と変革の志士たちへ』 堀 義人」ってのがあって、思わずクリックしたらまぁ堀さんの新しい本の宣伝ページだったわけですがw

しかし数々の失敗事例を調べるうちに、日本社会は「敗者に厳しい」のではなく「プロセスにおいて不正なことをした人に厳しい」だけではないかと思うようになる。「礼儀を欠かさず、自分の考えていることを謙虚に伝え、決して華美な言動をしない(中略)。そうすれば、たとえ失敗しても、社会は手を差し伸べてくれるだろう」と。

上記の部分は非常に同意です。ちゃんとした失敗した人は必ず次のより面白そうな仕事についていると僕も思います。起業したビジネス自体が最初から負けが決まっているようなものだったり、高金利なところからお金借りて回らなくなって倒産したりさえしなければ日本は失敗した人に寛容どころか失敗したら必ず迎えてくれる会社があると思いますー。失敗の仕方っすよね。僕もするなら綺麗な失敗の仕方をしよーっとw  
Posted by こばP at 17:34Comments(4)最近、刺激を受けた話