プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2009年05月22日

あったまきた。

私、基本的にめったなことでは怒らない温和なタイプであるとは思うのですが久々に今日はあったまきました。何年かかっても絶対あそこだけには勝ったんねん。なめんなよ。ボケェ。俺らの方が愛が深いんじゃ。  

2009年05月21日

ケーズデンキの加藤さんが超いい。

私、どちらかというとモーレツ(古い言葉やなぁw)タイプではなくて、「こばPはバランスがええ。」とか、「気楽な感じやなぁ」と言われることに誇りを感じていますが、体的にモーレツに頑張って働くということはしなくて脳みそ的にはモーレツに働きましょうと思っています。(脳みそは働かせれば働かせるほどよくなりますからねw得ですw)

あといろんな意味で余裕がないと危機が起きたときに対処できずにそこで終わってしまうということもあるんですよね。いろんなとこにレバレッジを効かせすぎちゃうとマイナスに効いた時に取り返しがつかなくなるので。ただどこかのタイミングでそういう過大なリスクテイクをしないとあるとこまではいけないとも思いますが。信長の桶狭間みたいなねw

で、そんな考えがベースにあるんですが、ケーズデンキの加藤社長のインタビュー(前編)(後編)がまさしく僕が思う合理的な考えの下に原理原則が何かを考えて実直に行動を起こす。ということを本当にやられているなぁと。周りからみると全くおもんないけどw

事業の立ち上げというのはそもそも正解があんまりないんでわけわからんこと試さなあかんみたいなとこもあるんですけど、立ち上がった事業の継続成長という部分ではこういう形にもっていけたらいいんだけどなぁと思ってるんですよねー。ケーズデンキさんいいなぁ。年始に洗濯機をヤマダ電気、ジョーシン、ケーズデンキで比べて結局ケーズデンキさんで買ったのはまさしく社長がインタビューで言っているような理由を僕なりに合理的に判断したからなのでした。顧客のことをよー知ってはりますw  
Posted by こばP at 15:14Comments(0)最近、刺激を受けた話

2009年05月21日

マスコミの影響力は凄い

先週週末ぐらいに関西で新型インフルエンザが国内発生してからそのニュースでもちきりだったんだけど、まぁ弱毒性だしだいたい死者もほとんど出てねーし、だって通常のインフルエンザでも年間日本だけで3万人も死んでんだぜ、どーせマスクなんかしたってかわんねーよべいべーと思っていたんだけど18日から福岡出張だった僕は、18日に阪急電車に乗ってまず乗客の半分がマスクをしているのにびびったwもちろん伊丹空港でもそれはあまり変わらず搭乗者の半分ぐらいはマスクをしていた。ただなぜか福岡に着いたらほとんど誰もしていないw

影響力の武器などの心理的な本などを読むと人間というのは損になることを避けたいという心理は得になることのために何かをすることよりも強いんではありますが、しかしそれにしたって極端でしょwでも、あれだけ他の人がマスクをしていると、していない方がなんとなく「自分が間違っているんじゃないか」と思いますよね。人間は社会性がないとほぼ生きられない動物ですので。

でも、実は本当はマスクをしていない人の方が僕はどんな世界でもイノベーションを起こす可能性が高い人だと思っています。イノベーションを起こすには他の人がやっていないこと、他の人がそれは違うよと言う事に耐えて自分が素直に感じることを信じて貫かなければイノベーションは起こりません。(ただなんとなくこういう人は歴史的にも早死にする確立が高いような気もしますがw)

と言いつつ電話でうちのかみさんに「バックの中にマスク入ってるからしてよ」と言われた時に、あー一応しておこうかなぁ→めんどくさいからしなくていいやーまでは出来るんですが、「お、マスクあるならヤフオクに出品しなきゃ」と思えないし思ってもやらないところが商売人としはまだまだなんでしょうねw(ま、しょーもないですがw)  
Posted by こばP at 10:25Comments(4)あのニュースに一言

2009年05月19日

現在、福岡。

AIPさんから採択頂いた件もあって、現在福岡に来ているんだけど、まぁなんというか企業というのは人ですよね。

ということで、今回は伊丹空港で飛行機乗る前にささっと買った2冊をご紹介。

上杉鷹山の経営学

ジョン・F・ケネディが最も尊敬する日本人として名前をあげていた米沢藩の藩主で最悪の状態だった米沢藩を復活させたというぐらいは以前から知っていたのですが、詳細はしらんなぁと思いまして。しかし、たった17歳で貧困極まりなく人々の希望も失われている藩の藩主に外様な立場からなって立て直すというのはんとに凄いなぁと思いますね。超尊敬っす。

人間というもの

最近ぼちぼち司馬遼太郎に手をつけてみようかと思っておりまして、そりゃ最初は坂の上の雲からなんだろうなぁと思っていたのですが、空港でこの本を見て、あぁ司馬遼太郎作品の中の格言とか金言をまとめた本があんのねぇと。こりゃドラッカーの365の金言みたいなもんやんかぁ、こりゃいいわ。と思いまして。まぁ私まだ長編時代小説などをつらつらと読むようなまとまった時間のない全力チャリンコ経営者ですのでw要素がわかりゃーいいんですわ。と言っているのが青いとか軽いとか思われるんでしょうなぁ。あ、俺、高田純次めざしてんねんからそんでええんやったw  

2009年05月14日

これすんげぇサービスだな。

なんというか最近、婚活というキーワードが多いなぁと思ってたらサイバーエージェントさんからこんなサービスまで出来てますね
男の子牧場
すんごい発想ですけど、これ逆やったら怒られるんだろうなぁ。もう男は家畜扱いですよw未婚の男性諸氏は友人や職場の女子からしっかり評価されてるということを覚悟しましょう。よかった。おいら既に既婚でw  
Posted by こばP at 11:40Comments(0)あのニュースに一言

2009年05月12日

へー、日本って既に貿易収支より所得収支の方が多いんだぁ

なんとなく最近大きなトレンド的なことを一応理解しておいて将来どこに機会があるのかを考えておこうと思っておりまして参考になりそうなトピックをぐぐっているんですが、昨今の金融恐慌で、やっぱものづくり、ものづくりと声高に叫ばれていますが既に日本って貿易収支より所得収支の方が多くなっているんですね。しかも別に積極投資しているわけではなくほとんどが債権として保有されているようでございます。このままいくと好む好まざるに関わらずバークシャーハサウェイの超でかいのみたいな国になるのかなぁ。であれば人口が減っても超高齢化しても全く関係ないなぁ。どうなんだろうなぁw  

2009年05月07日

採択頂きました。

以前、中小機構さんの助成金に弊社のXCREAM事業が採択いただきまして、報告書作成で散々しんどい思いをしたのにも関わらず、またAIPさんのRubyビジネス雇用創出支援事業に株式会社もぐらで応募してしまいまして採択していただいちゃいました。超アーリーステージでの助成金は非常に事業立ち上げにとって有益であり通常乾杯するかぐらいの事なのですが、正直なところあぁまたプレッシャーをかけてしまったという思いもありますwまぁでもこういう風にならないとダラダラとしてしまう基本めんどくさがりやの怠け者な引きこもりですので、これはお前はそういう道を選んだんだろ?という神のお告げだと思いなんとなくがんばってみようかと思います。ええっと、お前は助成金応募書類作成代行でもやったほうがいいんじゃね?というコメントはなしにしてください。へこみますのでw  
Posted by こばP at 19:07Comments(0)

2009年05月01日

日本は本当にもう終わっているのだろうか。

別に私、右思想でもなくて日本マンセーでもないんですが、どうも昨今日本は駄目だ終わってる的な論考とそれに賛同する少なからぬ声に触れることが多くて当人が感覚として全然腹に落ちてないのでエントリーとして書いてみる。(腹に落ちてない理由は自分より優秀で凄い人がいっぱいいるなぁと単純に思うからなんだけどねw)

日本終わっている論者というのはまず人口動態による超高齢化社会と人口減少による日本の競争力の欠如が大前提になっていると思うが、これは内需に関しては完全にあてはまる。日本国内の消費だけで成長をしようというのははっきり言って不可能である。ただこれは中国でさえ人口は2030年をピークに増えない欧州も増えない。人口動態として健全な成長が見込めるのはインドぐらいである。あとアメリカは移民受け入れが機能しているので人口は増えますね。これはアメリカの強さだと思う。

上記の人口動態を見ても、海外にモノを売ったりサービスを売ったりしないと日本の成長はないというのはもう昔からわかってたし当たり前のことで現在日本の企業で成長している会社の海外売上比率というのはどんどん高くなっていっている

そして人口減少の中で成長しようと思えば当たり前だが一人当たりの生産効率をあげ一人当たりの売上高や利益率をあげる必要がある。いわゆる労働生産性をあげなければならない。これは現状日本の労働生産性は低い任天堂などのように一部ものすごい労働生産性を誇る企業もあるが全体としてはまだまだ低い。

まだまだ労働生産性が低いということはどういうことかというとじゃあ現在労働生産性が高い国と同じレベルぐらいにはなれる可能性があるということだと思う。ここでそれが出来ないんだよ。ということを駄目だ論者は言いたいんだろうが労働生産性を上げるということはものづくりであれば無人の工場でモノを作るになるだろうし、人が働いていなくてもライセンス料などが入ってくることが大きくなってくれば労働生産性はあがる。要はすんごい天才数十人レベルで変わる。

ということでライセンスといえば特許だよね。ということで昨今の特許取得数を見ると日本はダントツの分野がかなりある。この部分だけ見ても相対的に日本の競争力がどんどん落ちていくとは全く思えないんだよなぁ。あ、もしかして危機感を常に煽って安心させないというトヨタのマネジメントをみんながあえてやってたりすんのかな。であれば水を差すような事書いちゃっててすいませんw  
Posted by こばP at 13:19Comments(2)最近、刺激を受けた話