プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE

2007年07月24日

子供の頃カッコいいと思ってたこと。

この前、子供の頃カッコいいと思ってたことで話が盛り上がった。ちなみに僕が小学校3年生の時、同級生か1つ上の奴か忘れたが、朝ごはんで食べた梅干の種を口の中に入れたまま学校に行く奴が妙にカッコいいと思ってた。で、僕が小学校5年の時カッコいいと思ってやってたことは味塩をビンごとランドセルの中に入れて登下校中に掌に塩を出しては舐めて歩いてました。あの頃はそれがワイルドでカッコいいと思ってたんだよなぁw  

2007年07月23日

情報流通速度のフラット化

凄い難しそうなタイトルつけてみたけど、最近ほぼ接点がない人のブログを見ても自分達がミーティングで話題にしたことが多い。ほとんどの情報がフラットに所得できる時代になっていると思う。昔はもっと「これ知ってる?」といわれて「知らない」と答えることが多かったように思う。そんな時代に更に大事になってくるのは信頼関係がないと話することが出来ない情報が所得できる人間関係(要は秘密の会話が出来る関係)というアナログな部分なんだろうなぁ。  

2007年07月20日

最近学んだドラッカー。

ヒマな時にはなるべくドラッカーの本を何度も開いてみるようにしているんだが、最近学んだことがこれ。

「まだ行っていなかったとして、かつ今知っていることを全て知っていたとして、今これを始めるかを問わなければならない。答えがノーであるならば、次の反応は、それでは何を行うかでなければならない。」

こんなにシンプルな事業の継続とスタート、投資の優先順位を決められる指針はない。プレイヤーとして事業をハンドリングしているとホントにドラッカーはその都度適切な指針を与えてくれる。改めてスゲー人だなぁ。
  

2007年07月10日

夏休みにいかが。

大先輩の起業家である某K社長が京都北部にある「和知青少年山の家」という施設の管理運営をすることになったそうです。近くには丹波で一番高い長老ケ岳、カヌー場、乗馬クラブ、丹波運動公園などもあってええとこらしいので、この夏まだどこ行くか決めてない人はぜひ。宿泊費とか超安いしw  

2007年07月05日

何故、僕はゲームをしなくなったか。

商売を始めてからというものギャンブルに面白さを感じなくなり、ゲームにハマらなくなりました。自分の人生自体がゲームなようなもんでリアルにそこにお金を使っているとギャンブルのハラハラドキドキ感やゲームの楽しさがチープなんですよねぇ。ドラクエで街の人から攻略のヒントを貰うように、お客様や友人や同業の方と飲んだり本読んだりして事業攻略のヒントを貰う方が楽しいんですよねぇ。しかし早く「はがねのつるぎ」レベルぐらいの攻撃力を装備したいなぁうちの会社もwいやー、よわっちぃw  

2007年07月02日

人生の事業計画書を書いてみた。

私、基本的に「明日は明日の風が吹く」「将来どうなってるかなんてわからねぇ」「明日死んでもそんなに後悔はない」というスタンスで生きてはいるのですが、事業計画どおりにいかないから事業始めるときに事業計画なんて書いても無駄とは思わない人ですので、自分の人生をエクセルに落としてみようと思い立ち、ざっくりと入力してみた。  続きを読む