プロフィール
こばP
小林 伸泰
【略歴】
1998年:個人事業でネットショップ立ち上げ。
2000年:アフィリエイトASP「電脳卸」の立ち上げ。
2001年:有限会社ウェブシャーク 取締役就任。
2002年:株式会社ウェブシャーク 取締役就任。
2004年:同社取締役退任。
2004年:有限会社クリーム設立。取締役社長に就任。
2007年:株式会社もぐら設立。代表取締役に就任。
2011年:ネミンズ(nameans.com)顧問。シェアゼロ(share0.net)オブザーバー。
2012年:タクシー配車アプリ「タクシル」を有限会社クリームでスタート。
2013年:タクシル事業を株式会社セカイエとの合弁会社、株式会社ロジックリンに事業譲渡。株式会社ロジックリン取締役に就任。
2013年:シェアゼロ株式会社取締役に就任。
2013年10月:株式会社クロスローズ設立。代表取締役副社長に就任。
2014年6月:宝塚市にMurano Cafeを株式会社クロスローズでスタート。

【事業内容】
・有限会社クリーム
ネットショップHI!SOFTの運営。
ダウンロードショッピングモールASP「XCREAM」の運営。
・株式会社もぐら
超簡単なオンライン名刺管理「メイシー」の運営
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
タグクラウド
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

2012年03月01日

野望と先見の社長学(佐藤誠一著)

久しぶりに本の紹介でもしてみようと思いましてブログ書きます。

野望と先見の社長学」(佐藤誠一著)
この本、実はこのブログで2006年の4月に紹介してたのですが、やはりもう一度ちゃんと紹介したほうが
いいなぁと思いました。なぜかというと、

だいたいベンチャーを自分でやろう、起業しようという気概のある人というのは自信家で自分で自分の
食いぶちぐらいは稼げるもんね。と思っている人が大半でして、イノベーションやマーケティングに
長けている人が多いと思います。

ただ会計や金勘定という、いわゆる番頭的な役割面となるとサラリーマンの時に会計の知識を教えられた
わけではないし経営の定石も教えられたわけじゃないし、どうやって予算決めをしているのか?や、
決算処理というのはどういうもので、銀行は(もしくはVCは)決算書のどこを見ているのか?などを
知っている人は皆無に近いと思います。

僕もイノベーションとマーケティングによってのビジネスモデル構築ってのが経営において最重要項目
であってそれ以外はコストといったドラッカー先生を全力で支持するんですが、ただ会計部分において
コストの管理方法としての経営の定石はしっかりあって、例えば無駄な借入によっての利益の圧迫で
変化対応に遅れるなどが起こっていることも現場ではよく目にします。

これは経営の定石というのもの知らずに大きな投資をしたり大きな借入
をしたり大きな決断をすることによって起こっているので、イノベーションやマーケティングが
車でいうアクセルだとしたら、ブレーキのない車を運転しているのと一緒だよなと思うわけです。

僕自身も最近またこの本に書かれている長期経営計画を精査してアップデートしようと思いまして
また改めて読み始めた(5回目ぐらい?)のですが、もうなんというか社長業の実践という部分では
もうこの本とMG会計の実践ということだけでいいんではないかと思います。

経営とは何か?どうすれば潰れない会社になるのか?自分の目的(上場したい、○年後にこういう
会社にしたい、○年後にお店を何店舗にしたい)などをシンプルにそして実現可能な数字に
置き換える作業をするので、ものすごく腹に落ちます。経営の定石をまず徹底的に身につけたい
社長はちょっと高い本ですがぜひ買って実践してください。

というかマジでこの本読んで実践すれば、意味のない不安などからは全く解放されると思いますよー。
でも、実践出来ると自分の言っていた今までの目標が今のままでは全く実現可能ではないということも
分かりますw  

2011年10月17日

最近買った&読んだ本

ブログを最近本当に書かなくなってしまっておりましたが、本紹介とかってやっぱfacebookとかで微妙なので、久しぶりにブログ書いてみようかなと。(ほぼ備忘録的ですがw)

「人事屋が書いた経理の本―MGから生まれた戦略会計マニュアル」

まだ1回もMG研修とか受けてないんですが、MQ会計面白いと思って読んだ本。随所にテスト箇所があるので管理会計をまず学びたいと思った初心者にはいいかと。

「暴走族のエスノグラフィー―モードの叛乱と文化の呪縛」

本当にその研究対象となる組織などに入ってみて観察する参与観察を元に書かれた暴走族の考察本。まだ読んでないすー。起業家のエスノグラフィなら俺書けるかも。と今思ったw

「経済古典は役に立つ (光文社新書) [新書]」

竹中平蔵氏の新書。これおもろいっす。経済古典を書いた人とその論考が生まれた背景なども書いてあって非常にわかりやすかったっす。

「お金は子どもに預けなさい 6歳からの金融リテラシー講座 (リュウ・ブックス アステ新書)」

4歳の娘の教育知識として読んだけど、まぁそうだよね。て感じす。

「ドラゴンフライ エフェクト ソーシャルメディアで世界を変える」

ソーシャルメディア系を一応読んでおこうかと思ったんですけど、いまだに読んでないw

「友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学」

ダンバー数ってのは前から弊社コンサル先生から聞いて知ってて、ちなみにメイシーの追加アカウントの最少金額で使える名刺単位が150枚までとしてるのはダンバー数からす。でもまだ読んでませんw

「分社・ある経営感覚 (朝日文庫)」

1個の組織が大きくなるといかんから無理やりにでも分社しようね本です。著者の自慢が随所にちりばめられているのがちと難点ですが、著者のやったことはなかなか凄いす。

「もう、きみには頼まない―石坂泰三の世界」

財界総理とまで言われた石坂泰三翁の本でして、いわゆるオーナー経営者でも創業者でもなく、今で言うプロ経営者だった石坂泰三翁がどんな人だったか知りたいなぁと思って購入したけど、まだ読んでません。これはでも絶対読んでおかないとなぁ。

「バフェットとグレアムとぼく インドの13歳少年が書いた投資入門」

まじで13歳でこんなの書いちゃうのかぁという本。著者はインドの財閥系会社の息子なんですが、こんな奴と将来戦わなきゃいけないとなると大変でっせwま、内容はバフェット氏とグレアム氏の本読んでればもう既知のことばかりです。

「心を上手に透視する方法」

マインドリーディングの本すね。ビジネスメンとしてはチャルディーニしぇんしぇいの影響力の武器さえ読んでおけばいいと思いました。

「経営の行動指針―土光語録」

パラパラっと読んで金言にふれることが出来る本。土光翁は質実剛健という四文字熟語を体現したような人なんでしょうねー。

「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)」

認知心理学者が書いたデザイン原理の名著す。名著と言われるだけに読み応えたっぷりで、まだ読みかけレベルですw  

2011年04月18日

イノベーションと起業家精神

僕はシリアルアントレプレナーみたいな感じで人にご紹介頂くことが最近多く、なんというか節操のない奴でいつも走り回ってる感じを持たれるのかもしれませんが、んなぁことありませんw一応節操は自分としてはあるつもりでございますw

で、表題の「イノベーションと起業家精神」ですが、1985年に刊行されたドラッカー先生の名著でございまして、僕が友人とウェブシャークという会社でアフィリエイトASPをスタートさせた時期に僕は出会いまして、その当時まだまだ知識や経験の浅い僕の脳みそでは眠くなるばかりで一応読了したものの理解できたかというと、とりあえず読んだ。という程度の理解度でした。

最近また改めて先日から読み始めているのですが、1985年に既にこのような知見が得られていたのか!と驚嘆することばかりで、僕が1998年からの13年間に経験から得た知見なんてもんはドラッカー先生からすれば1985年の時点でもう分かり切ったことであったんだなと思いました。

ただまだ一般世界的にはイノベーションは魔法のようなもので起業というのも特別な行動と捉えられています。それを実践し多少なりとも理解したものとして、さらにドラッカー先生の名著を読み返しお勉強しなきゃいかんなと思いました。

この本は僕はあと5回は読むと思いますw
  

2009年08月03日

明日を支配するもの

最近、本を買ってはいるけど読めてなくて、どんどん積まれている状況なんですが、夜ぽこっと起きてしまった時になんとなく手に取り序文を読んだだけでさすが凄すぎると思った本がドラッカー先生の「明日を支配するもの」です。ドラッカー先生の著書は一応何冊かは読んでおりますが1999年に書かれた本書は10年経ったいま読んでる僕にもすんごい気づきを与えてくれます。まずがっつんときた、はじめにの一文はこれ。
本書が取り上げた問題、すなわち社会や人口や経済にかかわる二十一世紀の現実は、政府が対処できるものではないからである。たしかに、それらの問題は政治に影響を与える。だが、政治の問題ではない。市場が対処できる問題でもない。経済学や経済政策が解決できる問題でもない。経営陣と個々の知識労働者だけが、取り組み、解決することのできる問題である。今後各国において、政治問題として取り上げられることにはなるだろう。しかし、その解決をはかれるものは、個々の組織であり、個々の経営陣、個々の知識労働者である。
しぇんしぇいの本は読み返すたびにも気づきがあるのでもう本は氏の本だけ読んでりゃいいんじゃないかと思うぐらいっす。あ、もう亡くなられてるので新しい本がでないのか。これからどうすりゃいいんだw  

2009年07月08日

福岡いってました。

月、火曜日と福岡に行っておりまして、両日とも長時間のミーティングをこなしてなかなか充実しておりました。やはりいいチームで議論しているといろいろ発見があって楽しいっすね。脳みそが疲れましたwということで最近買って読んだ本をご紹介していなかったのでご紹介。

響き合うリーダーシップ

ハーマンミラー社のしゃちょが書いた本なんですが、これ訳が悪いのか何を伝えたいのかよーわかりません。

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方

会計の本はたまに読んでおくようにしてるんですが、この本なかなかわかりやすいっす。

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの

一応その業界にいるのでどういう書かれ方をしているのかを確認しておこうと思いまして。非常にわかりやすくて歴史的な側面にも触れられていてよくわかります。

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

良書影響力の武器の実践編として具体的な例が書かれていてどのように考え実践すれば効果があがるかが書かれておりましてこういうのを読むと戦術をいろいろ考えて実践してみたくなるんですよねー。戦術的な変化をさせてみたいなと思う際には思考の助けになるかと。

アントレプレナーシップ

届いた瞬間に本の厚さが8センチぐらいあってもうそれだけで萎えたわけですがw豊富なデータが記載されてましてまさしく起業のバイブルではないでしょうか。まだほぼ内容みてへんけどw
  

2009年06月23日

マキアヴェッリ語録

マキアヴェッリといえば、なんとなく血も涙もなく極悪非道なイタリアの思想家というイメージだけ捉えていたんですが、某threepine氏から「君主論は読んだほーがえー」と言われて、なんとなく君主論は重そうだったので、この「マキアヴェッリ語録」を読んだんですが、まぁ至極まっとうな考え方でしてリアリズムそのものでございます。理想主義者で仕事ができないしょーもないエセ社会起業家よりは仕事ができる腹黒いエロ起業家の方がいいだろうということでございます。(ちゃうかw)特に政治周りはこういう考えを持っていないと仕事そのものが出来ないんでしょうねぇ、清濁併せ飲むですよwいやー皆さん大変ですね。今日も腹黒く頑張りましょうw  

2009年04月28日

学力低下は錯覚である

出張中と週末で以下の本を読んだ。

学力低下は錯覚である

著者は民間企業の研究者から大学講師になった人で、自身も感じ周りも当然だと思っている
学力の低下傾向をデータを元に分析している。結局は全入時代になっているがために昔なら
高校までしか行かなかったレベルの人も大学に入れてしまうというのと少子化が一番の原因のようだ。

全体として学力が低下しているわけではないんですなぁ。国力が落ちてるとよく識者はいいますが
結局は昔から言われているどの時代の大人も「最近の若者は」というのと大差はないんですねぇw

  

2009年03月25日

なんかこのブログのURLが変わるそうです。

なんかこのブログのシステムが移行されるらしくURLも微妙に変わるそうです。4月13日からだそうです。ご覧頂いている方にはご迷惑をおかけしますが変更よろしくでございます。

で、先週は東京出張行っておりまして何かとバタバタしてるんですが、出張中に本紹介をしてなかったのでとりあえずw

女の子が幸せになる子育て

弊社CTOから紹介頂いた本でございまして著者は品川女子学院の校長先生なんですが非常にさくっと読めます。まぁ別に女の子だけに当てはまらず教育ということに関して面白い本かと。この本読んで思ったのはおいらは親や親戚からいい教育を受けてきたなぁと改めて思いました。両親に感謝。


新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く

トム佐藤さんが書いた「マイクロソフト戦記」の中で紹介されていた本なんですが、まだ半分しか読んでませんがこいつは超重要な本だと思います。世の中全てがノードとハブで見えてきますよ。いやー、この本はやばいっす。

てかこのブログ、新システムに移行するならまずアマゾンの本紹介機能を復旧して欲しいなぁ。URLコピペすんのめんどくさいねんw
  

2009年02月21日

ジャック・ウェルチが絶賛する経営者。

本日は土曜日なので、事務仕事をわーっとこなしてから読書しとりました。

社長が戦わなければ、会社は変わらない

御年83歳にもうすぐなられる塩ビとウエハでは世界トップのシェアを持つ信越化学工業の社長であり、あのジャック・ウェルチが絶賛した日本の経営者でもある金川千尋氏の本なんですが、いやープロ経営者ですなぁ。64歳から社長になられたということで一般的にも遅いですが、まぁさすがです。こういう経営者がいる限り日本は安泰ですなぁってもうだいぶ高齢ですがw最高の経営者が何をどう考えているのかが少しだけでもわかるだけで為になりますよ。たぶんw
  

2009年02月09日

商売は早く始めるべき。

えー、最近ブログの更新が遅いと某氏から出張中に言われましたので、本も1冊読んだことですしご紹介がてらw

バフェットの株主総会

世界一の富豪となったウォーレンバフェットの会社、バークシャー・ハサウェイの株主総会の様子を綴った本でして、株主からの質問に5時間以上も答える同社の総会の様子がよくわかります。バフェットマンセー的な本ではなく著者が正直に感じたままを書いているので非常に良書です。どうすればあなたのようになれますか?の質問にバフェットが”本を読むこと”、”早く投資や商売を始めること”と常に答えているのが非常に本質だなぁと。バフェット自身も6歳からコカコーラを仕入れて売っていたそうですし。ま、うちのおかんも「小学校でたらみんな商売したらええねん」とゆーてますのでそゆことなんでしょうねw
  

2008年11月26日

福岡いってました。

福岡に昨日、本日と行っておりまして、昨晩はさんざん飲んでしまったのですが、今回の出張では以下の本を持っていきました。って最近出張でしか本読んでないっすw

経営に終わりはない

世界のホンダを本田宗一郎とともに作り上げた実質のCEO藤沢武夫翁の本でしてなんというか50年も前に僕がどうしたらいいんだろうなぁと思うことを悩み解決してきているんだなぁとさすが先人には素晴らしい人がいるなぁと改めて感服しました。というかホンダは今のGoogleみたいな感じだったんだろうなぁと思いましたねぇ。

社員の幸せを追求したら社長も成果主義も不要になった!

広島のメガネチェーン21さんの会社経営の仕組みに日下公人氏が驚いて本にしちゃいましたという本なんですが、まぁ非常にある意味合理的な考え方に基づいていまして参考になりましたねぇ。
  

2008年10月18日

現在、東京。

本日まで東京出張しておりまして、しかし東京はんとに人が多いっすね。(そりゃそうかw)ということで久しぶりに今回の出張に持ってきた本はこれ。

パラダイムの魔力

それまでの常識が変わるってのは非常に面白いですよね。投資銀行に勤めてますって2年前まで羨望の眼差しだったのにいまじゃあ「大丈夫?」ですからねぇ。あ、それをいうならIT系ってのも既にそうでしたw
  

2008年06月17日

昨日から東京

やはりビジネスは東京だってんで、毎月とりあえず東京出張を入れておくと何かと予定がしっかり入ってしまうってなもんでてやんでぃなんですが今回の出張に持ってきた本はこれ。

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

だいたいこの手の本は難しい数式とかが多くて途中で萎えるんですが、まだ読みやすい本かと。負けないってのがいかに大切かがよくわかります。あと住宅購入に関する説明はわかりやすいです。住宅ローンってたった40年ぐらい前に大和ハウスと銀行が考えて作った商品なんですねー。ということはうちの爺さん以前の時代はみんなキャッシュで家建てたってことなんだなぁ。

21世紀の国富論

ええーと。まだ全く読んでませーんw
  

2008年06月07日

まとめて読書

久しぶりに今週はほぼ完璧に引きこもりだったのでまとめて買っておいた本を何冊か通読。

楽して、儲ける!―発想と差別化でローテクでも勝てる!未来工業・山田昭男の型破り経営論!

先着順採用、会議自由参加で世界一の小企業をつくった

久しぶりに日本の現役な人の自伝的な本。やり方はどうであれ、やっぱ徹底的に他社と差別化して他社がやってない製品を作る。顧客に新しい価値を提供するために知恵を絞らんかいと。まぁこれしかないですわなぁ。と再認識。

愚直に積め!―キャピタリストが語る経営の王道・99

完全に王道です。正論のオンパレード。起業する&した人は必読だと思いますねー。いろいろすっきりしますよw

ってこのブログのアマゾン本紹介API全く使えなくなっちゃってるよー。めんどーだなぁ。
  

2008年05月14日

本日の東京は寒い

本日の東京は雨が降りそうな天気で寒い。ということで今回の出張に持ってきている本はこれ。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす

1957年から2003年の間で配当も含めて株主に一番リターンをもたらした銘柄はGEでもなく、マイクロソフトでもなく、ファイザーでもなくP&GでもモチロンGoogleでもない。では誰?驚くべきことにフィリップモリスなんだよね。という事実を知れただけで驚愕。毎日頑張ってマルボロ吸います。って俺4年前にタバコやめたんだったw
  

2008年03月11日

今日の東京は暑いですなぁ

今日の東京は非常に暑い。なんか一気に春が来た感じで今年の夏も暑くなるんだろうなぁと既に思っちゃいます。で、今回の東京出張では、この本読み終わるぞと。

その数学が戦略を決める(著)イアン・エアーズ,山形 浩生
その数学が戦略を決める
出版社/メーカー:文藝春秋
価格:¥ 1,800
ISBN/ASIN:4163697705
Rating:★★★★


山形 浩生氏の翻訳で話題の本だが必読ですな。データが安いコストで貯められて、そのデータが誰でも利用できるようにオープンになってきたこの時代だからこそ、絶対計算が重要さを増してきた。ってのが肝かと。まだ半分しか読んでないけど、経営も絶対計算でお願いしますw  

2008年02月06日

行動経済学(現在、東京)

現在、東京出張中なのだが、今回の出張中にこれ読み終えるぞと。
行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)
出版社/メーカー:光文社
価格:¥ 998
ISBN/ASIN:4334033547
Rating:★★★★

ノートと鉛筆を買ったところ合計110円で、ノートが鉛筆より100円高かった。鉛筆はいくらかであるか5秒以内に答えよ。の問いに、鉛筆は10円である。と思ったもしくは答えてしまったあなたは読む価値ありますよw  

2007年12月18日

ウェブ時代をゆく。

ウェブ時代をゆくを読んだ。出張中に一気に読んだのだが1998年から9年間、梅田さんのいう「けものみち」を歩いて、現在も歩いている途中の僕には漠然と自分が感覚的に思って選択してきたことがわかりやすい文章によって表現されていることが何箇所もあってかなり感動した。
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
出版社/メーカー:筑摩書房
価格:¥ 777
ISBN/ASIN:4480063870
Rating:★★★★
  続きを読む

2007年12月13日

現在、東京。

最近出張する際の飛行機の中や、出張時のメシ時ぐらいしか本読んでないんですが、今回の出張ではこれ読み終わるぞと。
セムラーイズム 全員参加の経営革命 (SB文庫)(著)リカルド・セムラー,岡本 豊
セムラーイズム 全員参加の経営革命 (SB文庫)
出版社/メーカー:ソフトバンククリエイティブ
価格:¥ 893
ISBN/ASIN:4797336374
Rating:★★★★

むかーし、この会社の本で奇跡の経営って本を読んで「すげー」と思ったんですが、「ありゃー一朝一夕にはできんわな。」と思っていたらやっぱ段階を踏むごとに問題山積してそれでも負けじとやり切った結果だったということがよくわかります。親父さんから会社継いでから数年間は超管理主義の会社にしてたってところが意外で面白いす。やっぱ何でもやってみんとわからんのでしょうなぁ。エントリとして書いたし何とか出張中に読みきるぞと。何でもプレッシャーかけんとなんもせーへんから俺w  

2007年09月19日

【超】WORK HACKS!

「TIME HACKS!」、「IDEA HACKS!」などのHack本でベストセラーを連発している小山龍介氏から新しい書籍「【超】WORK HACKS!」を献本いただいた。小山氏とは昔ちろっと仕事したことがあるんだけど非常にスマートな仕事する人なんよなぁ。飲んだら変な話題に妙に食いついたりするけどw新しいこの本は以前のTipsのような感じを超えて考え方や人生そのものも含めてLife Hack的な本になってて非常に面白いです。「素直さ」と「謙虚さ」これを持ち続けられる人はやっぱ凄いよね。俺も黒帯目指します。

【超】WORK HACKS!(著)小山 龍介
【超】WORK HACKS!
出版社/メーカー:アスコム
価格:¥ 1,575
ISBN/ASIN:4776204614
Rating:★★★★